2018年度 議事録 戻る 
 開催期日 会場  会議名 内容 
10月7日
 
仙台市鶴ヶ谷
市民センター 
第2回常任理事会  【報告事項】
1 第38回全日本バレーボール小学生大会宮城県決勝大会
(1)大会結果 ※webページ大会結果参照
(2)県大会課題  2020年全国大会の主管に向けた組織づくり

2 競技力向上練習会  7/31~8/1  
・参加人数 58チームから194名
・指導者・・・つくばユナイテッドサンガイア 滝澤選手/大同特殊鋼 伊澤選手/仙台商業高校バレー部/県小連指導普及委員会
 平日開催のため一般の指導者人数が例年より少なく苦労した。
・例年にない猛暑のため冷房を使用した。快適な練習環境を得られた反面,費用が予算をオーバーし,県協会と県小連からの助成で
 まかなった。
・合宿所を例年通り予約していたが,一部,他団体とダブルブッキングとなり,県第二合宿所に分散しての宿泊となった。

3 TG杯・・・9/23 東北学院中学高等学校  結果は別紙参照

4 U-10 キッズ交流バレーボール大会2018    7/8 加美町陶芸の里スポーツ公園 総合体育館
・通常ルール(32チーム)と特別ルール(6チーム) 計287名の参加
・パーティションでエリアを区切り,コートサイドでの応援を許可したことで,会場が大変盛り上がった。
・開催時期として,7月上旬は忙しかった。 開催時期を9月頃に遅らせることではどうか? との反省有り。

5 その他 
・日小連から指導者研修会(講習会)の費用として10万円の支給がある。次回,対応を検討。3月の教室とのタイアップはどうか?
・県協会より  モントリオール会(モントリオール五輪 女子VB金メダリスト)によるバレーボール教室  2019年2月16~17の予定
・東北選手権大会  10/13~14 秋田県由利本荘市  派遣役員 会長 理事長 競技委員会2名 審判委員会3名 派遣
・2020年全国大会役員  本年中に本県役員の概数を出し,他県に依頼する支援役員の人数に見通しを付ける。

<2018全国大会 参加役員からの報告>  総務,競技,審判,経理  ※別紙報告書参照

【協議事項】
1 第38回宮城県小学生バレーボール選手権大会について
・大会要項の確認(承認)
 ※要項の加筆/修正点   監督会議 ひとめぼれスタジアム 会議室(11/11) 開催時刻 9:30を加筆して代表チームに配付
 ※各ブロックから代表チームの報告締切を11/5(月)までに変更
 ※代表チームの参加申込期限を11/7(水)までに変更
 ※代表チームは,e-mail添付で参加申込書とJVA-MRS登録の一覧を競技委員長まで提出。押印した原本は監督会議に提出。

2 平成30年度優秀選手表彰  別紙実施要項/県小連規約(細則:表彰規定)参照  12/23(日)推薦書締め切り

3 2020年全国大会に向けて
(1)大会期間・会場  2020年8月9日~12日  セキスイハイムスーパーアリーナ/カメイアリーナ仙台を予定
(2)今後の課題  
   ①2019全国大会への役員派遣(実行委員会への予算措置要望 宮小連としての予算確保 等)
   ②組織づくり・・・現状遅れている。 役員改選期に合わせて,役員増強し実行委員会の立ち上げ。
   ③2019年の県大会をリハーサルとして取り組む

4 体罰禁止・防止への取組    常にアンテナを高く,早めの対応を!

5 その他 2019年度に向けて
(1)2019年事業計画案 別紙参照
(2)2019~2020 役員改選について
・通常より選出時期を早め,2020年3月までに新役員名簿を確定する(2019年 プレ大会への取組を見据えて)
・宮小連登録チームより実行委員として,指導者各1名を推薦してもらうようにブロックに依頼する。
・次回常任理事会を2019年1月13日  仙台駅周辺の施設を予定  新年会も兼ねて・・・県選手権大会時に声掛けする。

【連絡】
・平成30年度宮城県小学生バレーボール新人大会  2/11 岩沼市総合体育館(ビックアリーナ) 優秀選手表彰式
 ※監督会議:1/27 ひとめぼれスタジアム報道関係室 9:30~

・東北理事長会議  1/26(土) 会長,理事長 出席